03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
記事管理Category : 越えざるは紅い花
あばやま式オクタゴン<紅花>
レーダーチャートの説明


巷で評判上々の「越えざるは紅い花」をプレイしました。
一言でいえば、何これヤダ面白い。
粗が少ないので変なストレス溜まりませんね。素直な気持ちで没頭できたゲームは久しぶりでした。画風の好みと18禁乙女である点がクリアなら強くオススメしたいです。
作品としてはかなり”人を選ばないゲーム”かなと思います^^

オクタゴンチャートを作っていて気付いたんですけど、全ての要素が「中の中」~「上の下」という感じで(※個人の感覚です)これは!という飛び抜けた何か…を正直感じませんでした。
すんごい良作をプレイした実感はあるんだけど一つ一つの要素は微妙に今一歩。
ただ、それらが合わさり”作品”となった紅花は・・・驚異的なドライブ感を生んでいるのです、はい。ドライブ感がナニモノであるかはこの際深く追求したらいけませんよ。言ってる自分が全くの迷子ですからね。
巻き込まれて連れ去られてプレイヤーを先へ先へ駆り立てるようなどっぷり感的疾走感(?)とでも言っておく、かな?・・・・フフ、理屈じゃねえ!魂で感じるんだ!


【 好きランキング 】
1位: 薬師・・・きゅ…ッ、きゅんのドシャ降り注意報や~!!
2位: 政務補佐の秘書・・・あばやまの悪癖「手に入らない殿方萌え」がクリティカル発病
3位: 弟分・・・反則的なかわいさ!(三十路一発KO)
4位: ナスラ王・・・俺は!ナァラが!大好きだーーー!!ワンワンッ
5位: 軍事司令官・・・この人が最萌えじゃないのは自分でもビックリ
6位: 文鎮のひと・・・生え際が心配
7位: オーリ様(あははw)・・・(あははw)はオーリ様の必須オプションです
8位: 妃殿下の従者・・・10年後、あたくしは、100%不倫する!
9位: 中年放蕩息子・・・オッサン枠として大いに不満。大臣を食わせろ!


追記からおまとめ感想どすえv

【 あらすじ 】
奇病の蔓延で女性が激減した大陸のおはなし。
主人公の国は隣国とご近所トラブルが絶えない。なんせお隣は合法拉致国家で女をさらっては孕ませ、産めや増やせの少子化対策を真顔で行っている畜生の国だ。
主人公は自国の王オーリ様(あははw)に嫁ぐ身であったが、畜生キング直々にハンティングされてしまい肉便器として連行されるのでした。
かくして彼女が敵国に見た真実とは・・・
目指せ大陸の明るい未来!たくまし過ぎる主人公ナァラ姐さん頑張るゾ!

ということで一見壮大な物語ですが実際にはそんな深いシナリオではありません。展開は読み易く、斬新なエピソードもないし、病や政治に関しても何となくざっくり設定。
18禁にしては毒も癖も無い非常に素直な雰囲気です。
紅花をすすめて下さったゲスト様が「ラノベのような作品」とおっしゃっていたんですけれども、なるほど…確かにそんな臭いがそこはかとなくしますね。

でも…じゃあ設定を掘り下げてストーリー面を強化したらどうなんだろうか?
紅花の魅力は一気に失せてしまう気がする。
この作品のストーリーは恋愛を引き立たせるための状況づくりという感じがするのです。批判的な意味じゃなく、ですよ。
設定や世界観に走りすぎて肝心の恋愛を路上に放置した乙女ゲが多いではないですか。
物語を追うことにばかり意識を割かれない、かといって穴だらけのお粗末なシナリオというわけでもないのです。プレイヤーの興味を引き且つ色恋の邪魔をしない絶妙な軽みでした。

そういう意味ではエロさや異常性を求められる18禁タイトルというより…
優良乙女ゲームに濡れ場混入してみました!
…な印象の越えざるは紅い花。


【 見どころ 】
√トーヤ→(派生1)ルジor(派生2)ウル
√ノール→(派生1)セフor(派生2)エスタ
√スレン→(派生1)ナラン
このような分岐になっていて6名ないし8名攻略できます。
派生1さんはメインの妻になってから横恋慕される展開、派生2さんは一方通行で想い返してあげられない展開です。

攻略対象が全員「敵スタート」なので憎しみやしがらみが立ち塞がり、放っておいても燃え上ってくれちゃいます。兎にも角にも”忍ぶ恋”、”秘めた愛”、紅花はこれに尽きる。
萌えとか滾りとかじゃないんです、キュンがムネムネなんですっ。
ムネムネが気道を圧迫して呼吸もままならねぇだよォエスタッ!ルジィィ!好きだあぁぁあ!!


【 構成 】
さて、このゲームで特にずば抜けているなと思うのは周回快適度です。これ素晴らしいです。フルコンプして腹八分目、食べ飽きる前に完食できるさじ加減がとてもヤミー。
「あぁ美味しかった、もう少し食べたいな~」くらいに飢えさせておいたほうがプレイヤーには良い印象として残るような気がします。
また、物語の終着点は一つですが攻略ルートそれぞれに違うアプローチをするので1周目も8周目もほとんど鮮度が変わらないのはすごい。

難点はBADへの入り方が唐突なこと。
じっくり伏線張ってたら快適テンポを維持できないと思うので仕方ないでしょうね。
紅花はBADを楽しむタイプのゲームではないですし。おまけ程度に考えていれば違和感それほど感じないかと思います。


【 主人公 】
皆の頼れる姐さんですね。こんなに世間評の良い主人公久しぶりに出会いました。
disる要素まったく無いです。ナァラを叩いたら人間性疑われそうで怖いよう!
強く、賢く、極太芯で、徹底的に女性から好まれる女性像だなあという印象です。
個人的にはもう少し隙というか脱力感のある主人公が好きなんですけどね。
ナァラは出木杉。
常に他人のことばっかり優先するから…見ててお母さんは痛々しく感じちゃうだよ~。

ただ、紅花の魅力を最大限に引き出せる主人公像だと思います。
ナァラの頑張り、行動が積み重なって実を結んでゆく展開はプレイヤーとして同調しやすく非常に心を揺さぶられます。


【 絵 】
唯一引っ掛かりを上げるとしたらこの要素でしょうか。
何というか…ノスタルジーを刺激される画風だわぁ。古臭い絵は好きなので逆に好印象だったんですけどキャラクターの年齢差を描き分けられていない点だけ残念でした。
壮年とか老齢とか苦手…なんでしょうね。
ナァラの顔グラのおっぱいが歪なのも最後まで気になっちゃったよ。

あと、キャラクターの全身絵が確認できない点も地味にマイナスでした。せめて公式では見られるようにして欲しい。下半身の衣装はどうなっているの?サンダルなの?ブーツなの?…妄想を広げるためにその情報必須ですえ!




以上おまとめ、この辺にしておきます。
のんびりですが個別感想文も吐き出す予定なので適当に覗いていただけたらハイ嬉しいです^^

良い作品プレイしました!今年一番のアタリに大満足でございますっ!
FDおよびOperettaさんの次回作など期待します。


web拍手 by FC2
2012-10-30 (Tue) -|- Comment ( 6 ) -|- Top
Comment ~貴方と私の雑談広場へようこそ~